ブログ | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ 

2020年 1月 24日 私大2次〜理系型〜

担任助手1年の百田衣吹です!

今日は私大2次までについて書いていこうと思います。

私は受験生時代、私大志望でした。

センター利用で1校ぐらい合格をもらえたらいいななんて思っていましたが、センターでいつも通り国語が振るわず、一般に賭けるしかありませんでした。

センターも先週末に終え、結果に一喜一憂していると思います。私と同じような境遇の人も多いではないのでしょうか?

私はそのセンターの結果をあまり気にする事なく、センターと二次試験は全く違うものと割り切って考えた事が合格につながったのではないかと思っています。

とにかくこの時期は出願した大学の過去問を解きまくっていました。

この時期に解く過去問はとても自分に良い結果をもたらしてくれたと思います。

過去問を解く事で自分の分からないところの最終確認ができる上に、あまりにできていない部分があれば自分に焦りを与える事ができ、できる部分が見つかると逆に自分に自信をもつことができました。

皆さんもこの時期が一番しんどいと思います。でも最も大切なのは演習量であり、数学や物理、化学は演習をしただけ伸び、しないと衰退していくだけです。

この時期を乗り越えれば合格が見えてきます。頑張って!!

応援しています!!!!!

 

 

 

 

 

 

2020年 1月 23日 第一志望合格に向けて!!!(私立文系編)

 

みなさんこんにちは!

担任助手1年の左貫菜々子です!

センター試験からは、はやいものでもう5日が経ちました、、、!

うまくいって一安心している人も、思うようにいかず悔しい思いをした人も

心を切り替えて、私立大学の試験に向けて頑張っていきましょう!

みなさんの第一志望合格への目標は、

良くも悪くも決してセンター試験の結果だけで決まるわけではありません。

ここから、気持ちを切り替えて、どれだけ私立レベルの勉強に

集中できるのかで合否を分けるといっても過言ではありません!

より一層、一日一日、一分一秒を大切にして

受験人生の本当に本当に、最後のラストスパートをかけて、

突っ走っていきましょう!!!!!

【残りの時間でやるべきこと】

①1日1年分は必ず過去問演習をする

過去問演習を通して、その大学の出題傾向を最終確認することももちろんですが、

自分が間違えた問題の傾向間違えた問題の種類と原因把握して、対策することが重要です。

そうすると、おのずと残りの時間で自分のやるべきことが見えてくるはずです。

②英単語は最後の最後まで詰める

英単語は最後の最後まで確実に覚えきりましょう!

新しい単語を覚えることも大切ですが、

あいまいな単語を確実に覚えるということを重視してほしいです。

入試本番で、見たことのある単語なのにあいまいな記憶で、その問題を間違えるというケースが

一番悔しいことです。後悔しないためにも、最後の最後までやり切りましょう!

③1日のノルマが終わり、余った時間は全てを社会科目にささげる

残りの時間で最も点数が伸びる可能性のある教科は

絶対的に社会科目です。

私立文系は、”あ!これ、確か教科書のあそこのページで見たことがある!”というひらめきが

とても大切になってくる世界です。

教科書や資料集を繰り返し、全てのページを読む(目を通す)ことを

おススメします!

※去年、私も実際にやり、とても効果を実感した勉強法です。

残り勉強できる時間も限られており、不安や焦りや、、、、様々な感情があると思います。

ですが、それはみんな一緒です。

諦めずに最後の最後まで頑張った先には、必ず道は開けます!!!!!

心から受験生のみなさんを応援しています!!!!

 

 

 

 

 

 

2020年 1月 18日 新年度特別招待講習が始まりました!無料で東進を体験できます!

 

本日はセンター試験1日目ですね。

受験生はついに本番を迎えました。全力を出し切ってきてください。

今日は、まだ本番を迎えてはいない高校2年生以下の皆さんに宛てて書いています。

1年前のこの日から勝負は始まっています。

自分と志望校合格までの距離を図る絶好のチャンスです。

わからない、もしくは足りていない方は、危機感を持ちましょう。

受験は全国区での戦いになります。

それだけでなく、受験のルールが変わる、節目の年です。

早くから実力をつけていれば、ルールが替わろうと、対策が可能です。

ここまで読んで、不安に思ったアナタへ、

今この瞬間、今日から変わるチャンスです。

すぐに行動をすることが大事です。

目標を明確にもち、自分の現状をはかり、目標達成するためのプランを練り、実行する。

受験勉強の要素はこの4つで、実にシンプルです。日々そのサイクルを回すことです。

「でも、そんなのやったことないよ…」「今からやっても追いつけないんじゃ…」「予備校とか行ったほうがいいのかな…」

ほとんどの子は、ここまで高度な事を一人でやる事には慣れていません。

でも、このページを読んだ君はもう大丈夫!

東進ハイスクールは、受験勉強をサポートする体制が万全に整っています。

経験豊富なスタッフが、一人の生徒に対し二人体制で上記の4つのサイクルを回すサポートをします。

1コマ90分の映像授業なので、時間も自由に組み放題、自宅のPCやスマートフォンでも授業が進められるのです!

部活や習い事で忙しいキミにもぴったりです。

通常の予備校(週に1コマと想定)であれば3ヶ月かかるところを、1ヶ月せずに修了できるのです。

東進に興味を持ってくれたキミへ、とっておきのご招待です。

本日より、新年度特別招待講習として、

東進を無料で体験できるキャンペーンが始まりました!

最大4講座(1コマ90×5コマで1講座分)/知識習得コンテンツ「高速基礎マスター」/自習室使い放題/学習サポート

上記がなんと無料です!お申し込みはこちらのURL/ページ内バナーから。

https://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/

平日の部活後でも、校舎は21:45分まで開校

、かつ自分のタイミングで学習を進められるので、両立ができます。

東進は受験勉強をする事を、志望校合格の先にある目標に向かって踏み出す機会と捉えています。

今はまだわからないことが多いかもしれません。目標や志望校もはっきりとしていないかもしれません。

けど、ここで一歩を踏み出す事は、大きな転換点になるでしょう。

みなさんと会えることを、お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

2020年 1月 17日 センターに向けて

 

こんにちは!担任助手1年の塩野谷咲来です!

皆さん、いよいよセンター試験ですね!!

私がセンター受けてもう1年もたつのかと思うとあっという間でびっくりしています。

さて、センターを目前に控えた皆さんに私から伝えたいことは1つ。

それは、いつも通りを心がけることです。

今から何か特別なことをする必要はありません。

皆さん今までセンターに向けて過去問をはじめ、たくさん勉強してきたと思います。

あとはそれを解答用紙にぶつけるだけです!!

緊張や不安、焦りを感じている人も多いと思いますが皆同じです。

”絶対に合格するんだ”という強い気持ちを持って挑んできてください!!

浦和校スタッフ一同、心から応援しています!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 1月 17日 皆さん、センター前日ですよ!

みなさん、こんにちは。

担任助手1年、佐野力太です!

本日、1月17日は、、、、、、、、、

センター前日

となりました!!!

いよいよセンター前日になりましたね。

僕のセンター前日といえば、いつものように昼食に家系ラーメンを食べ、無料で付いてくるライスを頬張っていました。

そんな話は置いといて、突然ですが受験生のみなさんに、

 

センター試験に向けた心構え

 

を発表させて頂きたいと思います!

 

 

1、準備を済ませておこう

 

会場に持っていく筆記用具参考書着ていく服など、

あらかじめ用意できるものは用意しておきましょう!

小腹が空いたとき用のも買っておきましょうね。

あと、英語の服には気をつけましょう。

 

2、当日の流れを確認しよう

 

当日どのような流れで試験をするのか、確認しましょう!

 

・電車、バス等の料金や発着時刻

・試験の開始/終了時刻

・各大問の時間配分

 

などなど、とりあえず時間には気をつけろよってことです。

 

3、緊張するのは当たり前です

 

ほとんどの人が初めての試験だと思います。

試験に向けて色々な思いがあるかと思います。緊張して当然です。

そんなときに、

「これが緊張ってやつかぁ~。くぅ~!」

って心で叫びながらゴリゴリに緊張を感じてあげてください。

2度とない貴重な緊張。心臓バクバク刻んでくビートくぅ~。

 

4、終わった科目は振り返らない

 

科目の出来次第によって気分が浮き沈みしてしまう人が毎年一定数います。

しかし終わったものに感情を左右させることは必要ありません

振り返ることなく、次の科目に集中することが最善策です。

全ての科目が終わってから復習も兼ねて自己採点を忘れずに行いましょう!

 

5、センター試験が終われば、、、

 

センター後には私大入試が始まります!

センターが終わったから、、、と気を抜くことなく対策を始めましょう。

そうすれば合格も近づいてくるはずです!

 

 

さて、長い事書きましたが、とにかく自分の力を発揮するのみです。

 

受験は結果論と言われがちですが、自信を持って試験に臨むには

今までの勉強の過程を振り返り、自分自身の頑張りを認めるところから始まる

と僕は思っています。

 

いよいよ、残り1日、精いっぱいできることをして、万全の状態で試験に臨みましょう。

焦らず、ゆっくりと頑張ってください!