ブログ | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ 

2019年 6月 4日 全国統一高校生テストに向けて(国立文系)

 

こんにちは!担任助手2年の中林です!

今回は目前に迫った全国統一高校生テスト(以下全統)の意義とその後の行動指針について、国立文系の観点からお伝えします!

先ず、このテストの意義は“仮想本番”です。

これまで行ってきた勉強が相対的にどの程度効果として表れており、その努力量と方向性がどの程度信頼性があるものかを図るものとなっています!

次に、今後の行動指針についてですが、「めどのついたものからセンター演習(できるものは2次対策)」を始めてください!

これは「outputが最善のinput」であり、「過去問が最適な努力の方向性である」ことに基づいたものです。

outputが上手くいかずとも、解く中で悩み、解説を見て得たある種の“ひらめき”は強く脳内に残ります。

また、過去問はその大学が求める能力・学習方法を自ずと会得しやすい学習ツールであるためです。

特に国立文系志望者は他の人より時間がありませんから、より早めの着手&効率化された学習が求められます!そのあたり、自分でもぜひ考えてみてください!

とはいえ、チャレンジしないことには何も始まりませんよね!先ずは目の前の全統に全力で対策し、挑んでください!

 

2019年 6月 3日 全統に向けて~国立理系~

こんにちは、担任助手1年の荻野由佳子です。
 
みなさん!
6月9日
全国統一高校生テストがありますね!!!
 
今日は、残りの1週間、何をするべきかを
国立理系志望向け紹介します!
 
国立理系志望にとって
この時期のセンター模試で結果を残すべき科目は
なんといっても数学です!
 
センター数学は
思考力というより
限られた時間でいかに解くか、情報処理能力が求められます
 
センター数学では
まず演習量を積むことが大切です。
 
皆さん、1A2Bの中でそれぞれ苦手な単元があるかと思いますが、
この一週間、優先的にその分野のセンター大問別演習をやりまくりましょう!
センター過去問講座をとっている人は
それをガンガン利用しましょう!
 
センター数学では
後から見ても分かるような綺麗なメモを取ることが
ポイントですよ!
 
 
残りの1週間、
センター演習の比重を増やして勉強しましょう!!!
 

 

 

2019年 6月 2日 国立理系HR開催!!

こんにちは!担任助手1年の百田衣吹です。

昨日校舎にて国立理系志望者に向けたHRを行いました。

目の前の受講に追われて先の見通しが立っていない人、やりたいことが多すぎて何から手をつければいいのか分からない人多くいると思います。

第一志望に合格するには長期的な計画を本番から逆算して考えていくことが大切です。なかなか一人で立てるのが難しい人は気兼ねなく担任助手に相談してください。

計画を立てる中で大切にしてほしい事が今日のHRで伝えられたと思います。

各科目の勉強のバランスや今やるべきこと、センター演習や受講終了の時期など考えることが多くて大変と思った人もいるでしょう。

やることが多くてよく分からなくなってしまう時こそ細かなスケジュールを立てることが大切です。

まずは毎週の週間スケジュールに細かくやることや受講スケジュールを書いていくことからはじめてみては?

そんな生徒の皆さんの次の大きな目標は

6月までにセンターレベルの受講終了

8月のセンター模試で目標点突破

です。

この時期にこの点数が取れれば合格に一歩近づきます!!

6月までに受講終わんないや・・・

今の点数じゃ8月の模試で目標点なんて超えるわけない・・・

そう思ってるんだったら勉強しましょう。まだあきらめるのは早すぎます!!

8月センター模試まであと約2カ月

一緒に頑張っていきましょう!!!

事情があってHRに参加できなかった人には詳細を教えるので、ぜひ担任助手に聞いてみてください。

 

 

 

 

 

2019年 6月 1日 夏期特別招待講習が始まりました!申し込みはお早めに!

こんにちは、担任助手4年の野口です。

6月が始まりましたね。夏は受験の観点からすれば、一番力を入れるべき季節です。

低学年の皆さんは、確実に一学期や前年までの学習範囲を完璧に仕上げましょう。

そして、余裕があればどんどん先取り学習を進めてしまいましょう。

受験に出てくる半分以上の知識は高校1・2年生のうちに習います。

受験生はそろそろ自分の勉強ペースや方向性が固まってきた頃合いでしょうか。

その時間と質を大きく伸ばすものが夏の時期の勉強です。ぜひ、有効活用してください。

さて、東進ハイスクールでは、成績を伸ばしたい方たちに向けた

夏期特別招待講習のお申し込み受付が始まりました。

東進生ではない方たちは、一回90分の5コマの講習が最大4講座無料で受けられます。

そのほかにも英語・数学の知識を習得できるコンテンツを一部体験可能であったり、

指導力のある大学生スタッフの学習サポートやアドバイスなど、非常に豊富な内容となっております。

映像授業に関しては、全ての科目を用意してあります。バランスよく様々な科目を受講することも、科目を絞って取得することも可能です。

ぜひレベルや進度に合わせてご検討ください。

本格的に受験に向けて学習を始めたい方、学校の成績を上げたい方、テストの復習など毎年たくさんの方にご利用いただいています。

気になった方はお近くの校舎へのお問い合わせもしくはご来校をお願いします。

夏は多くの時間があります。だからこそ、そこでの時間の使い方が非常に未来の結果を左右します。

ぜひ、この夏で大きく力を伸ばしてください!

 

2019年 5月 31日 大門別対策(社会)

 

こんにちは!!

担任助手1年の岩切豊です!

今回はセンター、大門別演習講座、特に社会の活用法について話していきます!

まず、大門別演習を始めるタイミングは

早ければ早いほうが良いです。

それは、センター試験も二次も結局過去問の対策量がカギになるからです。

そのため、まだ大門別が始められていない人は、

なるべく早く受講にめどを立てて、大門別演習を始めましょう!!

では社会科の大門別演習のやり方についておすすめの対策法を教えたいと思います。

社会はまだインプットが終わっていないからやらないという人が多いと思いますが、

受講や、学校でやった範囲だけでも

大門別でアウトプットすることで、より頭に入りやすくなります!

なので、日本史だと、原始だけとか、世界史だと、オリエントだけとか、限られた範囲だけでも、やっておくことが重要です。

すでに全範囲終わっている人は、1年分通しで解いて、苦手な範囲を見つけて、苦手を克服しましょう!!