過去問の夏 | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2018年 8月 5日 過去問の夏

こんにちは!担任助手3年目の真家です!

高校3年生のみなさん!

夏休みはいかがお過ごしでしょうか。

 

みなさん、センター過去問の調子はいかがですか?

受験において合格の決め手の1つになるのが、過去問演習の量と質です。

過去問を解く中で「ただ解いて見直しをしておわり」にするのではなく、

次の演習に繋げていけるようにすること重要です。

 

そうするためには

◎相手(問題)の傾向・出やすいポイントを体感・分析する

◎復習の過程で自分の弱点・強みを知る

◎見えた課題を潰していく

いわば、自分が今までに蓄えてきた知識を、

センター試験、あるいは高校3年生であれば遅くとも秋から始まる2次・私大試験

各々の色に染め上げていく必要があります。

 

今の自分がただ解いているだけになっていないか、振り返ってみてください。

またグループミーティングでも聞いたこととは思いますが、浦和校では8月に『受験生HR inSummer』 があります!

そこでは、担任助手が志望校別に過去問の解き方や復習の仕方、受験への心構えや厳しさを教えてくれます。

受験を勝ち抜くためには、情報はとても必要です。

ぜひ参加して合格へのステップアップに繋げましょう!