模試直前準備~国立文系編~ | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2018年 10月 23日 模試直前準備~国立文系編~

こんにちは!浦和校担任助手1年の中林です!

10月も下旬に突入し、受験生は志望校対策が本格化していることと思います。残された本番レベル模試も残り僅かとなりました。

そこで今回は受験生にフォーカスして国立文系の「模試直前対策」について自分なりの考察をご紹介したいと思います!

一つ目は「過去問を一年分、受験1週間前に本番同様解いておく」ということです。

当たり前のことかもしれませんが、大問別演習をしている人にとっては時間配分の感覚などがずれている場合があるので、カンを取り戻しておきましょう。

また、本番と同じ日程、時間で解ことも重要です。「この時間は頭が働きにくいな。」といった感覚はあらかじめ把握しておきましょう!

 

二つ目は「慌てて苦手分野を集中学習しないこと」です。

これは往々にして有りがちですが、受験の場合、大抵この時期になればどの教科もある程度は出来るようになっているはずです。逆に言えば、今更慌てて苦手分野を集中学習したところで大した改善は見られません。むしろ、他が疎かになって点数が下がる場合さえあります。

意識すべきことは「普段どおり」と「得意を伸ばす」です。参考にしてみてくださいね。

 

三つ目は「過去の本番レベル模試で躓いたところ、出来たところを確認しておくこと」です。

自己の経験則からある程度の解答プランを練っておきましょう。時間配分だけでなく、苦手な分野が出た場合どうするか、や何分まで悩むか、といったシュミレーション

が大切になってきます。これは模試に限らず様々な場面で緊張しないための手段として有効ですから是非実践してください!

 

四つ目は「満遍なく学習すること」です。

特に国公立大学志望の人は教科数の多さも相まって、苦手科目を多く抱える人が多いです。

ですのでその対策をしようとしていると大抵時間が取られすぎて学習の偏りが生じます

そうではなくてバランスの良い学習を心がけましょう。

 

最後は「内容で管理せず、時間で管理しよう」です。

これは先ほどの話にも通じますが、国公立受験者は教科数が多いため勉強にかなり時間を要します。

例えば数学で1日5問解く!と決めていると、難しい問題にあって想定より時間を食ってしまった。。。ということになりかねません。

それがかさむと一日で勉強できる科目数がかなり限定されてしまいます。

バランスよく学習するためには内容に拘泥せず潔く時間でスパッと区切りましょう。

 

いかがだったでしょうか?多くの人が模試の前にネガティブになったり、模試の結果に一喜一憂したりしますがどちらも杞憂です。

心理要因は全員が等しく抱えるものですから条件としては同じですし、模試は結果云々ではなくどう挑んでどう影響したか、といったシュミレーションの為のものですからそちらを意識したほうが賢明です。

是非とも、模試を上手く活用できる受験生になってください!

 

10月24日(水)の開館時刻:11:30

閉館時刻:21:45

 

全国統一高校生テスト申込受付中です!!

今回の模試は完全無料で受験することが出来ます。

学校の友達も誘って全国のレベルに挑戦しよう!

↓↓申し込みはコチラをクリック↓↓