東進ビジネススクールというもの | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 11月 1日 東進ビジネススクールというもの

皆さん、こんにちは。

明治大学政治経済学部1年田邊康祐です。

最近は朝晩ほんと寒いですよね。

塾からの帰り道とか寒さには十二分に気をつけてくださいね。

僕は花粉なのか、ただ単に風邪をひいただけなのか、鼻水が止まりません。

さてさて、受験生の皆さんはもちろんのこと、高2高1の皆さんも、好き嫌いは置いといて、必ず英語を勉強してる(させられてる?)と思います。

今のところ、ひとまずは、受験勉強あるいはもっと身近に学校の定期テストのために英単語だったり、英熟語を覚えている人がほとんどだと思います。

僕もそうでした。

でも、やっぱりどうせ英語を勉強するならそこそこ喋れるようになりたいなあなんて、たまに思いません??

しかも、大学生は比較的時間があるので、海外旅行もお金さえあれば半年に一回行けちゃうんです。

それに、大学生だって学生です。

これからの時代は英語は使えて当たり前っていう時代でしょう。

小学校から英語の授業が必修になり、僕らの遅くとも10年後輩はほんとに英語をペラペラ喋ると思います。

確かに、大学4年間は人生で一番自由な時間が多いです。

授業だって自分で学びたいものを決めるし、大学はどこも規模が高校と比べ物にならないくらい大きいですから、ほんとに色んな人と出会えます。

友達も増えるし、遊んで、いろんなとこ行って、っていうのは大学生のうちにしかできないことです。

でもその4年間で少しでも自分をアップグレードしたいなって思ったあなた。

ようこそ東進ビジネススクールへ。

ビジネススクールを受講している担任助手は僕を含めて校舎に7人いるので、

どんなものなのか興味があればぜひ聞いてみてくださいな。