早期受講修了の意義 | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 7月 2日 早期受講修了の意義

みなさん、こんにちは!

担任助手1年の佐野力太です!

7月も始まり、本格的に受験の夏となってきました。

受験生にとっては勝負の夏となるので、エンジン全開で頑張っていきましょう!

突然ですが、みなさんは受講をいつまでに終わらせるか計画を立てていますか?

部活をやっていてなかなか時間が確保できない人、国立で多くの教科を必要としている人など、一人一人の状況によって計画が違うかと思います。

ですが、共通して言えることが1つあります。

それは、早い段階で受講を修了するほど成績の伸びが早くなるという事です。

受験をするにあたって基礎的な学力の修得は必要不可欠です。

また、その修得が早ければ早いほど他の受験生と差をつけることが出来ます。

自分の学力のスタンダードとなるものは、早期に取り込んでしまいましょう!

しかし、みなさんの中には応用的な授業を受けている人もいると思います。

難しい問題を解く応用的な力は、問題に多く触れることで身に付きます。

応用的な問題を解くためのステップアップとしてそのような授業があるので、先の事を考えると進めていくべきですよね。

ここで一つ忘れてはいけないことがあります。

終わらせることだけを目標にしないで欲しいということです。

それを目標にしてしまうと、授業に対しての姿勢がないがしろになってしまいます。

自分のできる最大限のスピードで理解しながら進めていくことがベストです。

これらのことを意識して最高のにしましょう!