大学入学共通テストはセンター試験と何が変わる? | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2018年 12月 4日 大学入学共通テストはセンター試験と何が変わる?

こんにちは。

担任助手3年目の真家です!

 

気づけば街は一気にクリスマスムード!

至る所にクリスマスツリーがあったり、イルミネーションが付き始めましたね。

 

私たちの校舎がある浦和駅前も、レッズ色のイルミネーションが赤く燃え上がってます!(笑)

 

 

さて、今日は大学入学共通テストについてお話しようと思います。

なんとなく聞いたことはあるけど、よく知らないなあという方もいるのではないでしょうか。

簡単にではありますが、今のセンター試験との違いをお伝えしていきます!

 

大学入学共通テストでは、

従来のセンター試験で問われていた、知識・技能に加えて

思考力・判断力・表現力も評価されるようになります。

 

 

では具体的にどのようなことが変わっていくのでしょうか・・

 

マーク式➡︎マーク式+記述式

 

今発表されている段階では、

国語+数学①のみ

での出題形式の変更です。

国語で記述式、数学では解法が問われるようになります。

 

大学入試センターが試行調査として数千人を対象に実施したプレテストによると、

「○○とはどういうことか。30字以内で書け」「○○さんは何と述べたと思うか」

こんな感じの問題が出ています。

 

単語の記述ではなく論述形式なので、しっかり言葉で書けるようにする対策が必要ですね、、!

 

 

英語外部試験の導入

英語の試験において、スピーキング力・ライティング力を測る民間英語試験が導入されることになりました。

またその配点も変わってきます。

 

「大学入学共通テスト」(新テスト)の次回試行調査において英語のリーディングとリスニングの配点を均等に実施する予定を明らかにしました。

従来型のセンター試験では、リーディング200点、リスニング50点。

これに対し新テスト(試行調査)では、仮に英語を200点満点とするならば、

リーディング100点、リスニング100点(案)と激変することになります。

 

 

リーディングとリスニングに優劣がつかなくなり、さらに外部試験が・・・。

英語4技能(聞く、話す、読む、書く)を満遍なく評価する入試に変わっていきます。

 

また国公立大学では2020年度試験から、4技能試験が義務化になります。

これに伴い私立大学においても、出題方式変更も容易に想像できますね。。

 

 

 

これから細かいことが決まっていくであろう大学入学共通テストですが、

現段階では3教科でこれだけの発表がされています。

 

今後大学入学共通テストに限らず、国公立二次試験・私立大学個別試験において、

他の科目での変更も考えられます。

功を奏するのは、早めに準備をしておくこと。

早すぎることはないです。

これからの勉強にあたって何かあれば、ご相談や体験授業を行っています。

下の画像から申込ができるので、現状からワンアップしたい方はお申込みお待ちしています♪

 

 

 

センター試験まであと45!!!!

 

 

 

 

 

ただいま東進ハイスクールでは10月28日(日)より冬期特別招待講習を受け付けております!!

冬期特別招待講習は簡単に説明すると、

東進の実力講師陣の授業(1講座あたり90分授業×5回+講座修了判定テストほか)を

最大3講座まで無料で体験できるというものです。

自分の時間で学びたい科目を学習可能!

また、受験のプロ“担任”のアドバイスや


東進を卒業した大学生スタッフ“担任助手”へ勉強や進路の相談もできます。

苦手科目を克服するもよし、得意科目を仕上げるのもよし!

この機会にぜひぜひ東進の授業を体験してみてください!

 

 

12月3日(月)の開館時刻: 11:30

    閉館時刻: 21:45