リスニング&スピーキングの大切さ | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 8月 3日 リスニング&スピーキングの大切さ

 

みなさんこんにちは!

早稲田大学1年の左貫菜々子です!

今回は、リスニング・スピーキングの大切さ

について話していきたいと思います!

まずは、リスニング

みなさん、リスニングは対策がしにくい科目だと思いますが

リスニングはとっても大切な科目です

リスニングはできる人とできない人の差がつきやすいということ

センター試験では50点分とはいえ、

手を抜いてはいけません!

さらに来年度からの共通テストでは、

リスニングの配点が増え、

低学年のみなさんも今のうちから対策はしておくべきでしょう

<リスニングを解く上でのポイント>

①問題を必ず先読みすること

②疑問詞に注目すること

③読み上げられている英文の状況を想像しながら、聞くこと(想像力!)

次に、スピーキング

英検の二次試験やTEAPなどでも行われるスピーキング

英検やTEAP利用での受験も重要になってきます(特に来年度以降)

なんといっても、スピーキング力は受験だけではなく、

大学に行ってから、就職して社会に出てからも求められる力です

スピーキング対策は、プラスのことしかありません!!

対策法としては、ずばり

音読!!!!

声に出して、何度も同じ文を繰り返すことで、

自然とフレーズが覚えられ、口から出るようになります

「言えない音は聞こえない」

リスニング対策にもなります!

リスニング・スピーキング力はすぐに

成果が出るものだはありません

コツコツと努力して

頑張っていきましょう!