☆平成最後の振り返り☆ | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 4月 9日 ☆平成最後の振り返り☆

こんにちは!立教大学経営学部経営学科2年の森田柊也です。

驚いたことにもう4月となりました。。 新元号も決まりこれから心機一転頑張っていこうと思っています。

しかしその前に一度私は2018年度を振り返っての総括を今回この場をお借りして行いたいと思います。

まず昨年度は大きく分けて二つのことを中心に過ごしてきました。

それは大学での生活東進ハイスクールでの生活です。

大学ではほとんどのことすべてが新鮮で今まで考えたことのなかったようなことを色々学ぶことができました。

具体的に自分は中学・高校で学ぶような一般的な教養を学ぶのではなく

「コミュニケーション論」「マーケティング」「人材開発・組織開発論」「会計学」

など専門的な領域を経営学という視点を通して学んできました。

その中でも最も印象に残ったのは立教大学経営学部で最も力を入れているBL(ビジネスリーダーシップ)という科目です。

この授業は答えが決められている課題について考えるのではなく実際の企業と提携して企業が現在対面している答えのない課題を3~4人のグループでチームとなって考えるというものです。

この授業では生徒はもちろんアドバイスをくれる先輩、先生ですら正解を知らないので自分たりなりの解釈でクライアントである企業が

社会に対してどう貢献できるのかを考えなければいけません。

そしてそれを考えることを通してチームで目標を果たすために自分に何ができて何ができないのかを考えることができ、

自分の強みや弱みを把握することができました。

今年度もBL2という昨年行ったことの強化版のようなものを行うので昨年より良い結果が出せるよう精進していきたいと思っています。

二つ目は東進ハイスクールでの生活です。

東進ハイスクールでは一年間を通して受験生から高1生まで多くの生徒を見てきました。

そのなかで自分一番感じたことは「人は変わる」ということです。

最初は勉強のモチベーションがなく、やる気に波があった子も大学生活の話をしたり受験の厳しい状況を話していくうちに顔つきが変わり

今まではこちらが言ったことしかやらなかったのに気づいたら自分から進んで勉強したりするまで成長しました。

私は短期間で大きく変わっていく生徒をみて単純に感動し、ずっとサポートしていきたいと思いました。

しかしこの一年間を通してその気づきが早い人ほど第一志望合格に近づくということにも同時に気づきました。

だからこのブログを見ている人でまだ勉強に対するモチベーションがなく、

何をしたらいいかわからないという人はぜひ今一度将来の自分の姿を考え、

今の自分を見つめなおしましょう

東進ハイスクールではそんな君たちを全力で応援し第一志望合格まで全力でサポートしていきたいと思っています。

2019年度、過去最高に成長できるようにみんなで全力で頑張っていきましょう!!!

 

過去の記事