10月 | 2019 | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ 2019年10月の記事一覧

2019年 10月 31日 ☆受験期の相棒☆

 

こんにちは!埼玉大学2年遠藤理帆です!

センター試験まで77日となりました!

受験生のみなさん、調子はどうですか??

先日に全国統一テストがありましたね。

センター試験本番までのセンター模試もあと1回となり、

緊張感もますます高まってきたのではないでしょうか(・・;)

残りあと77日、頑張っていきましょう!!!

 

さて、今日は私が受験生だった時期の支えとなったものについて紹介していきます!

楽しんで見てくださいヾ(⌒▽⌒)ゞ

 

私は「今日やったことノート」を作って

その日にやった勉強の内容や思ったことを書くようにしていました。

私は毎日の勉強計画は立てるものの、

予定通りに行かないことが続いてとても不安になりがちだったので、

実績を書くことで自分のやったことを褒めていました。

また、担任助手の先生や学校の友達からメッセージを書いてもらって

それをお守り代わりに持っていました!

結構心強かったです!(笑)

 

他に私がよくやっていたことは、

近くのコーヒーショップに行ってコーヒーを飲んでお菓子を買っていたことです。

特に嫌いな科目の勉強をやり始めると眠くなってしまうことが多かったので、

散歩がてらコーヒーを飲みに行っていました。

この時期になると外は寒いので目は覚めるし、

コーヒーもとてもおいしいので一石二鳥です!

 

以上が私の受験期の相棒です!共感していただけたでしょうか??

皆さんも支えになるものを見つけて残りの受験生活頑張っていきましょう!

私たち担任助手も精一杯支えになれるように努力するのでたくさん頼ってください!

ファイトヾ(‘ー’ゞ)( 尸ー’)尸

 

 

 

2019年 10月 29日 ☆受験期の相棒☆


こんにちは!担任助手二年立教大学経営学部経営学科の森田柊也です!

今日は私の受験期の相棒を紹介したいと思います。

受験期の相棒とは、「受験という長く厳しい戦いを乗り越える時いつも隣にいてくれるまるでピカ〇〇ウのような存在です」

もちろん相棒がないと第一志望に合格できないということがありませんし、逆に相棒がいれば受験が成功するとも限りません。

しかしどの受験生もおそらく受験ほど長くかつ厳しい戦いをすることはこの先の人生でも数えるほどでしょう。

私はそんな受験を「ただ苦しかった」と思ってほしくありません。

どうせやるなら楽しくそして終わった時に頑張ってよかった、やりきってよかったと思ってもらえる受験にしてほしいと思っています。

そのための手段の一つとして今回【受験期の相棒】を紹介したいと思います。

ではそもそも相棒の定義とは何かという話になるかと思いますがその定義はあえてここではしません。

人それぞれ相棒というものは自由に決めてくれたほうが楽しくできると思うからです。

だからみなさんも自分なりの相棒を見つけて受験まであと少し頑張っていきましょう!!

*ちなみに僕の相棒はブラックサンダーとお風呂上りに見るTWICEの動画です(笑)

 

 

 

 

 

 

2019年 10月 27日 #全国統一高校生テストの心構え

こんにちは!

担任助手1年の、佐野力太です。

いよいよ、この日がやってまいりましたねぇ。

そう、本日10月27日は、

全国統一高校生テスト

の当日です!

3か月後のセンター試験に向けた、大事な模試ですよ。みなさん、準備は万全ですか?

模試当日の今日だからこそ、気をつけないといけないことがあります。

そこで、何点か心構えを紹介したいと思います。

 

①筆箱を持っていこう

当然ですね。書くものが無いと会場であたふたしちゃいます。

 

②余裕を持って会場に着こう

時間の余裕は心の余裕。外部会場の人は駅からの道を調べておくといいかも。

 

③各教科の参考書を1冊程度持って行こう

自分の知識を整理させるためのものです。いつも使っているテキストは、あなたの味方。

 

④問題を解くペースを決めておこう

時間配分を今一度、決めましょう。見直しも大切に。

 

⑤落ち着いた気持ちでいよう

解けない問題があっても、他に解ける問題が必ずあります。悟りを開きましょう。

 

⑥模試後の復習をが大事です

模試の後に得られる力は大きいです。解けなかった問題を理解できるって、なんだか素敵です。

 

⑦成績が返ってきたら自己分析をしよう

今の自分を客観視してみると、受験当日までに何をすべきか分かるかと思います。

さて、いろいろ書きましたが、基本の部分が多いですよね。

ただ、普通のことを普通にやることは、そんなに簡単ではありません。

今までやってきたこと以外のことはできないので、自分の力を最大限、発揮できるようにしましょう。

頑張れ!

 

 

 

2019年 10月 26日 模試の注意事項!

こんにちは!担任1年の岩野凜です!!

皆さん、明日は全国統一高校生テストです!

 

今まで対策をして準備万端!という人もいれば、

テスト終わりであまり対策できていない…という人など

色々な人がいると思います。

 

ですが、どんな状況の人でも模試に向けて注意してほしいことがあります!

1つ目は、

前日にできる持ち物は準備すること

です!

当日の朝は天気や電車やバスの運行情報など

新しく考えることが増えます。

そんな中で忘れ物に気づいたり、必要なものがなかったりすると焦ってしまいます…

少しでも余裕のあるうちに用意をしておきましょう!

会場が暑い、寒いなど感じることもあるので脱ぎ着しやすいものを持っていくことをおすすめします!

 

2つ目は、

少しでも本番に近づけること

です。

今までずっとシャーペンだからといって鉛筆を使わなかったりすると

本番と変わってしまいます。

本当に小さなことかもしれませんが、

その変化が意外と大きな影響を出してしまいます…

自分は本番どういう状態で臨むかを考えて、

できるだけそれに近い状況で受けるようにしましょう!

3つ目は、

体調管理をすること

です。

「前日だからやらなきゃ!」と思って

ずっと復習していると焦りで頭にも入らず、短期記憶になります。

その上に、落ち着いて寝ることができなくなり、

模試の集中力に影響が出てしまいます

今までどれだけ頑張ってきたとしても自分のコンディションが悪ければ

最大の力を出せません!

直前に詰め込むのではなく、今までの苦手を少し見返すくらいにすると良いと思います!

また、辛いものや油っぽいものを食べるのを控えたりなど

食生活にも気遣うようにしましょう!

 

今まであげてきたことは当たり前だと感じるかもしれませんが、

本当に大切なことです!

意識できていなかった人はもちろん、意識していた人も

これまで以上に気をつけてみましょう!

特に3年生の皆さんは、センター試験までに残された数少ない模試です。

皆さんが全力を出し切れるよう応援しています!!

 

 

 

2019年 10月 24日 模試の前ってどうしよ

皆さんこんにちは!

最近、ミニマリストに憧れて部屋の片付けを始めました明治大学政治経済学部1年田邊康祐です。

 

いよいよ今週末は待ちに待った

全国統一高校生模試ですね!

 

夏休みにやってきたことの成果が点数として表れるこの時期の模試には、

やはり気合が入っているのではと思います。

かくいう私も現役の頃は

かなり夏休みに勉強したと自負があったので、

試験にも自信がありました。

この自信は本当に大事です!

試験中分からない問題が出てきても、

自分に解けないのだからみんなも同じに違いないと思えて焦らずに済みます!

たしかに適度な焦りは必要です。

過去問通り解けば大丈夫だと思っていても

本番は無意識にも緊張して時間が間に合わないということもよくあります。

しかし、分からない問題に対して「飛ばす」という決断は早くできたに越したことはないです。

その即決を助けてくれるのが、自信なのです。

どれだけその問題を解いたか、その大問の平均点はどのくらいか、時間に余裕はあるのか。

これらの自信に直結する要素に共通することは、

センター過去問の演習量です。

この時期は私大、二次の過去問も大詰めを迎え、

単元ジャンル別演習を駆使しながら二周目を解き、

弱点補強を念入りにしている頃だと思います。

しかし、このセンター模試1週間前はセンターの問題演習にも時間を割くべきだと思います。

センター試験の感覚を取り戻すと同時に、

センターレベルの問題の確認のためにも有効だと思います。

こうして模試対策を万全にしたら、

あとは前日に早く寝て朝早く起きるだけです。

体調管理も万全にして、

模試で本当の自分の学習レベルが把握できるようにしましょう!

幸運を祈ってます!ファイツ!!