模試前日って何をすればいいの? | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 8月 22日 模試前日って何をすればいいの?

 

みなさんこんにちは!

担任助手二年の左貫菜々子です!

明日は、ついに、

『共通テスト本番レベル模試』ですね!!!

受験生のみなさんは、この夏の努力を発揮して、2学期以降の勉強に弾みをつけるために

低学年のみなさんは、1月の共通テスト同日受験に向けて、残りの5カ月をどう過ごすべきか、課題を明確にするために

みなさんにとってとても重要な模試ですね

そこで今回は、「模試前日の勉強法」についてお話します!

時間配分のチェック

試験で100%の力を発揮するためには、

時間配分がとても重要になってきます

大問1つ分を何分で解くべきなのか、メモしておき、試験直前に時間配分を頭にたたき込めるようにしましょう

時間が足りなくなって、解ける問題を解けなかったことは、一番の後悔に繋がります

自分が苦手な範囲を要チェック

試験直前に見るべき部分をまとめたノート、または、見るべきページに付箋を貼っておくなど

日頃から工夫をしておくとよいでしょう

よく間違える文法事項、年代を間違えやすい社会の範囲、混乱しやすい公式など

各自に間違えやすい部分は、試験前日に一目通しておくだけでも、

本番で出題されたときに、正解確率が格段に上がります!

暗記事項を要チェック

試験全室に勉強して、最も点数に直結しやすい分野は、暗記科目です

一通り、演習が終わったら、残りは社会科目などの暗記科目に時間をかけましょう

前日に見た部分が、問題で出されることも多くあります!

暗記科目は、最後まで諦めずに取り組みましょう!

早く寝る

これが一番大事かもしれません

前日の睡眠の質は、次の日の脳の働きに影響します

やり残した部分があったとしたら、はやく起きて朝勉強しましょう

夜遅くまで勉強しすぎると寝れなくなってしまうので、要注意です!!!

 

模試前日は、緊張してなかなか集中できない人も多いと思いますが。

模試前日の勉強法次第で、数点の違いは出てきます

1点1点にこだわって、前日も集中して過ごしましょう!