『過去問の夏』にするための秘訣 | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 8月 14日 『過去問の夏』にするための秘訣

 

 

みなさんこんにちは!

担任助手2年の左貫菜々子です!

暑い日が続いていますが、

勉強面でも志望校への熱い気持ちをもって、勉強に取り組めていますか??

低学年のみなさんは、部活動と勉強をしっかりと両立させて、

充実した日々を送りましょう!

そして、受験生の皆さん

共通テスト本番までは、残り5カ月となりました

夏休みは演習に比重を置いて、「過去問の夏」を過ごせているでしょうか?

今回は、「過去問の夏」にぴったりな話題

「過去問の復習方法」について紹介したいと思います!!!!

復習にかける時間=試験時間

復習に時間がかかりすぎて、演習が上手く進まない、、、といった声をよく聞きます

復習の目安時間は、試験時間です!

目安の時間を頭において、ダラダラと復習、ではなく

効率的に復習を行いましょう!

※社会科目のような暗記科目だけは、復習に時間をかけることをおススメします

間違えた原因を探る

私が受験生の時は、間違えた問題の横に、

何が原因で間違えたのか、色ペンを使って書き記すようにしていました

たとえば、英語では、「語彙力不足」「構文取り違い」「内容理解不足」など

抽象的で構わないので、書き記して、最後に集計して、間違える原因ランキングを作っていました

そうすることで、自分が間違える問題の対策方法が見えてくるのでおススメです

MYノートを作る

数学などの計算科目で、間違えた問題だけをまとめておくノートを作ることも

一つの手段だと思います(ノートに時間をとられすぎるのはよくないですが)

自分だけのノートを作り、受験直前期に見直して、解けるようになっているかどうか、確認しやすいです

解けるようになっていれば、大きな自信にも繋がると思います!

 

自分の復習ルーティーンを確立させて、過去問の復習に取り組みましょう!

また、過去問で一喜一憂する必要は全くありません!!!!

本番で点数を取れば、合格するわけですから、過去問ではたくさん間違えて

自分の苦手を発見することが、第一の目的です!

この過去問で充実させましょう!