合格の秘訣 | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 7月 10日 合格の秘訣

こんにちは!

担任助手2年の左貫菜々子です!

最近は雨の日が続きすぎて、悲しいです

早く梅雨が明けてほしいですね、、、!!!

さて、今日は7月10日

東進受験生の皆さんの受講修了目標である7月20日まで、

残り10日となりました!!!!

みなさん、計画的に、受講できているでしょうか??

まずは目の前の小さな目標からこつこつと達成して、その目標達成を自信に変えて頑張っていくことが何よりも大切です

私は、1年前に早稲田大学に合格することができました

そんな私が、合格をつかみ取るまでに、受験期に意識していたことについて、お話したいと思います

①ただ勉強するのではなく、考えて勉強する

模試や問題演習後の復習方法としては、間違えた問題の横に必ず間違えた原因を書くようにしていました

例えば、英語では「単語力不足」「内容解釈ミス」「構文とり間違い」など、間違えた原因を抽象的に書きます

最後に、どのような原因での間違え方が多いかを分析して、その日以降の勉強方法の改善に繋げます

このようにして、日々勉強方法の改善を図り、自分のできていないところを徹底的に勉強していくことが大切です

②過去問をたくさん解く

私は人一倍、過去問演習量を確保できたと思っています。

併願校も含め自分の受ける大学の過去問演習は、2周以上(早稲田やGMARCH10年×2、女子大など5年×2)解きました。

1周目は、問題傾向をつかむために解くので、点数率は低かったです

とても不安になりましたが、時間をおいて、2周目に入ることで、解答根拠も抑えつつ、じっくり解くことができます

そうすると次第に点数率も上昇し、入試直前期に自信を得ることができます

これが、前向きな気持ちで入試に望めた秘訣かもしれません

③計画的に勉強する

勉強する上で、やらなければならない事項をリストアップして、逆算して考え、日々の計画に当てはめていくことはとても重要です

その日々の計画の中に、必ず毎日やるもの(=ルーティーン化)するものを作ることも大切です

私の場合は、朝起きて、前日に解いた英語の長文を音読すること、英単語の勉強に時間をとることは、毎日のルーティーンとして決めていました

毎日の小さな積み重ねは、必ず後に大きなものとなります

 

ここに紹介したことは、あくまでも個人的な意見なので、自分の勉強スタイルを確立できるようにしましょう!

少しでも参考になっていたら嬉しいです!

これからも頑張っていきましょう!