自己紹介 吉澤和真 | 東進ハイスクール 浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 5月 24日 自己紹介 吉澤和真

 

こんにちは!東進ハイスクール浦和校、担任助手2年の吉澤和真です!

今年も担任助手として、皆さんの大学受験を全力でサポートさせていただきます。一緒に頑張りましょう!

 

軽く自己紹介をすると、自分は今東京理科大学、理工学部、建築学科に通っていて、建築について主に勉強しています。

高校時代は、市立浦和高校でサッカー部に入り、高3の10月くらいまで部活をやっていました。

最近、ワンピースを今までの人生度見てこなかったことを後悔して、アマプラで1話から頑張って見ています笑

 

さて、今回は、自分が一昨年大学受験を経験して思ったことを話そうと思います。

一番は、「大学受験は辛い!」ってことですね笑

 

  • 辛かった大学受験

自分が過去に経験した高校受験の時とは比べ物にならないくらいやらなきゃいけないことが多いし、どれだけやっても終わりが見えないような戦いで気が遠くなりました。1日でも勉強をさぼった日があると自分の中で罪悪感が生まれ、明日は何が何でもやらないとって思っても思ったようにできなかったり、、そんな繰り返しの日々もありました。自分がさぼった時でも周りの友達は朝から晩まで勉強していて、自分はこのままでも大学に受かるんだろうか、そんな悩みを抱えるときもありました。

  • 周りの人の支え

そんな辛い受験でも、自分は高2の3月に東進ハイスクールに入り、たくさんのサポートをしてもらいました。

まず大きかったのが同じ環境で一緒に勉強を頑張る仲間がいたことです。自分は、同じ高校のサッカー部の友達が、東進浦和校に5人いました。その子たちと一緒に、雨の日でも、練習で疲れた日も、基本的に一緒に東進に行って毎日勉強する習慣がついていました。

次に大きかったのが、先輩の担任助手の存在です。自分の副担任は、今担任助手3年生の吉田さんです。吉田さんには、毎週のグループミーティング(現チームミーティング)で毎週の予定の管理、そして頑張れなかったときは励ましてもらい、逆に頑張った時にはたくさんほめてもらいました。また、面談でも相談に乗ってくれ、一緒に受験を戦ってくれたと思います。

こういった周りの人がいたからこそ、自分は受験を乗り切り、今大学生として楽しいときを過ごせているんだなと思うと、感謝しかないです。

 

  • 皆さんに伝えたいこと

そんな受験を終えて、悔いなくできた!というのが一番いいとは思いますが、自分は後悔している点もあります。

まずは第一志望校だった早稲田大学にあと2点で合格できなかったことが一番悔しいです、、。

あと一問正解出来ていたら、、そのためにあと1時間でも多く勉強できていたら、、あと1つでも多くの英単語を覚えていたら、、と思うと、とても悔しいです。

それに付随して、あともう少し早く大学受験に目を向けて動いていたらな、、という後悔もあります。高2までは大学受験がどれだけ厳しい世界なのか、どこの大学に行くにはどういった勉強をしたらいいのかといった大学のことについて、ほとんど知らずに過ごしていました。高2の3月に入塾して初めて、危機感を感じ、そこから猛勉強するようになりました。

 

自分の大学受験を通じて、皆さんに伝えたいことは以下のことです。

絶対に後悔の残る大学受験をしないでほしい!

そのために、高1、高2の早い時期から大学受験について知ってほしい!

そして、一緒に頑張れる仲間を見つけて、自分との戦いに勝て!

以上です。読んでくださり、ありがとうございました。

 

東進ハイスクール浦和校は、Instagramのアカウントを作って、大学受験のプチ情報を定期的に更新しています!

フォローはこちらより↓

 

 

さらに、6/12(日)は、全国統一高校生テストがあります!東進生でなくても、無料で受験、模試帳票返却面談と今後の大学受験についての面談も実施します!ぜひ受けてください!

お申し込みはこちらより↓