第一志望校対策演習とは | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 9月 5日 第一志望校対策演習とは

みなさんこんにちは!担任助手4年目の桜井です!

今日は、東進の演習コンテンツ“第一志望校対策演習”を紹介していきます。

9月1日、ついに単元ジャンル別演習が開講されましたね!早い人は、もうすでに演習を開始していると思います!

今日紹介する第一志望校対策演習は、単元ジャンル別演習を終わらせてから始めるものです。

単元ジャンル別演習では、過去問や模試のデータを元に“苦手”をひたすらに潰していきます。

これに対し、第一志望校対策演習は、全体的に実力を底上げしていきます!

では、どのように底上げしていくのか・・・

第一志望校対策演習は、”仮想”第一志望校の問題を出題してくれます。

仮想と言っても、適当に問題をつくるのではなく、過去16年の過去問分析を行った上、傾向大問構成頻出パターンなどを似せて出題します。

出題元は、あらゆる大学の過去問、冠模試の過去問等です。

第一志望校対策演習をスタートする時には、もうすでに過去問は10年間終えていると仮定しています

なので、この演習では初見の対応力を鍛えることが出来ます。

そして、この演習では、しっかりと得点を意識してもらいます。

今まで、インプット→共通テストの過去問→二次・私大の過去問→単元ジャンル別演習と、長い時間と労力をかけて努力してきましたね。

第一志望校対策演習は最後の総仕上げです。しっかりと本番で取りたい点数を取れるように、今までよりも本番を意識して演習してください!

苦手もつぶし、初見の対応力も鍛え上げれば、もう怖いモノはありません!

あとは出し切るだけ。ラスト駆け抜けていきましょう!

質問ある人は、いつでも受付にお声かけ下さい!