睡眠導入法 | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 7月 9日 睡眠導入法

こんにちは。担任助手一年の岩橋です!

今回は睡眠導入法について少し説明しようと思います。

簡単に言うとその名の通り睡眠導入とは、何かしらの行動で深い睡眠を導入することで、ただ眠くなるようにするのではなく、「深い」睡眠につくためのものです!

僕が皆さんに紹介するのはいくつかのステップがあります。

①お風呂は寝る一時間前に入る。

お風呂に入っている時間はそれまでずっと勉強していた頭をリフレッシュさせるのとともに体を温めて疲れを癒すことのできる大事な時間です。お風呂から上がって時間が経ってしまい体が覚めた状態ではなかなか寝付けないことがあると思います。「お風呂は寝る一時間前」ぜひ実践してみてください。

②寝る前の30分はテレビやスマホなどの電子機器を見ない。

これは耳にタコができるほど聞いたことがあるかもしれませんが、これは本当に重要です笑 ブルーライトを見ると脳が活性化してしまい・・・というお決まりの流れです。事実、スマホを触っているとなかなか寝付けないことが多いですよね。

③その日に勉強した・覚えたい暗記科目の参考書をベットの上で唱える。

寝る前に唱えるなら羊ではなく、暗記物を唱えましょう。寝る前と起きた後が一番脳が覚えやすい状態にあるようです。僕は受験生の頃は苦手の古文単語を眠たくなるまで唱えていました!

④安らかな睡眠へ。おやすみなさい・・・

おやすみなさいzzz

(⑤次の日起きたらすぐに③で唱えた暗記物を確認する)

以上のステップです!!!

ぜひ実践してみてください!!!