朝型の生活スタイルを作ろう! | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2016年 8月 17日 朝型の生活スタイルを作ろう!

こんにちは!!

担任助手の世取山です。

 

夏休みも中盤戦です。

お盆明けで一番中だるみしやすい時期なのですが、みなさんは毎日朝登校ができていますか??

 

受付にいる時よくこんな声を耳にします。

①「朝早く起きるのがつらい。」

②「夜型の学習スタイルです。」

③「朝早く起きると夕方眠くなっちゃう」

④「そもそも朝早く来るメリットが分からない。」

 

みんなも共感する意見があるかもしれませんが、今回は僕が朝勉強することの意義についてお教えしましょう!!

 

①朝早く起きるのがつらい

みなさんは実際の試験が行われる時間が何時か知っていますか??

センター試験の第一解答科目(理科・社会)は9:00からスタートします。

第二解答科目も10:40からスタートします。

 

さらに会場は自分の通っている高校の人もいれば立教大学や芝浦工業大学など実際の大学で受験する人もいます。

中には一時間以上かかる人もいるかもしれません。

 

試験当日寝坊した時、「朝起きるのがつらかった」などと言ってられますか??

 

②夜型の学習スタイルです

これは①の理由も当てはまりますが、もう一つ理由があります。

それはずばり朝型の学習スタイルは勉強の質が上がるからです。

 

人間はおきてから3時間が一番集中できるといわれています。

一番勉強効率がよい時間帯を試験時間に当てるためには6時には起きて勉強を始める必要があります。

 

③朝早く起きると夕方眠くなっちゃう。

夕方には試験は行われません。(模試では行われますが)

試験が実際に行われる朝に集中できるほうが良いとは思いませんか??

 

④そもそも朝早く来るメリットが分からない。

メリットは①~③でも言いましたが、より具体的な例を挙げてみると

毎朝7時に登校して勉強した人と毎朝8時に勉強を開始した人では夏休み期間だけでも40時間近くの学習時間の差が生まれます。

 

40時間あれば何ができるでしょうか?

受講も模試の復習も過去問演習も高速基礎マスターも数学計算演習も何でもできますよね??

 

朝早く来ることの意味は少しは理解できたでしょうか??

もしまだ分からない場合は僕が直接伝授します笑

 

朝型の学習スタイルを身につけて質の高い勉強をしていきましょう!!

 

 

朝早く来ること