大南和優最後のブログ | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 3月 26日 大南和優最後のブログ

みなさん、こんにちは。お久しぶりです。

明治大学商学部商学科4年です!!!

 

ついに、大南和優最後のブログ更新となってしまいました。。。

出会いがあれば別れもある。

悲しい気持ちもありますが、

自分の今の想いをここに記していきたいと思います。

 

ぼくが浦和校に来たのは高校3年生の頃でした。

川越東高校硬式野球部に所属していました。

を目指して毎日白球を追いかけていました。

 

優勝候補といわれていましたが、、、

結果は三回戦敗退。。。

 

部活が思っていたよりも早く終わってしまい、

呆然としているときに、

部活の先輩で浦和校の担任助手だった方に話をしようということで浦和校に訪れたのが一番初めでした。

 

そこから、目標は甲子園から第一志望合格に変わり、

遅れていた分を取り戻すために必死に勉強しました。

夏休みは計360時間、117コマ受講しました。

あの時は辛いというよりやらなきゃという気持ちでした。

 

そして、受験の結果は、、、

 

第一志望だけ不合格。。。

 

あんなに頑張ったのにダメだったのかという悔しい気持ちと、

もっともっと早く受験勉強を始めておけばよかった自責の念に駆られました。

 

部活が終わってから受験は始めればいいやという気持ちで

受験勉強を怠っていた1,2年生の時期が悔やまれました。

 

さらに、担任助手をやっていて、ぼくの時代より受験は厳しくなってきていると思います。

ということは、もっともっとがんばらなければいけないということです。

 

今、部活を頑張っている皆さん、本当に早く受験勉強を始めましょう!!!

受験勉強を始めている皆さんも、本当に頑張りましょう!!!

 

今頑張った分、未来の自分が楽になるし、なりたい自分になれます、行きたい大学に行けます。

「頑張る時はいつも今」

これは、受験をやりきった経験、担任助手を4年続けた経験からこそ本当に思います。

大学受験をやり切る経験は自分の人生にとってもかけがえの無い経験になりました。

 

 

そして、大学受験が終わり、担任助手になり4年間勤めましたが、あっという間だったと感じます。

毎年毎年気がついたらセンター試験の時期になり、生徒の合格がかけがえの無い喜びでした。

生徒のことを考え、校舎に顔を出し、話をすることが楽しかったです。

 

大学受験の伴奏者として、責任のある仕事だからこそ、

熱意をもって取り組もうと思っていましたし、その分大変だったこともあります。

 

しかし、生徒の笑顔が励みになりました。

また、浦和校のスタッフに支えられて今のぼくがあると思っています。

浦和校のスタッフはみんな優しく生徒想いで、熱い人が多いと思います。

そんな校舎に、生徒時代含め5年間通うことが出来て本当によかったと思っています

 

関わってくれた皆様、本当にありがとうございました。

大学受験は苦しいことも多いですが、自分を高めてくれるすばらしい経験です。

最後まで走り抜けてください!!!!!

 

最後になりますが、5年間クソお世話になりました!!!!!!!

 

                      I LOVE 浦和校★