✔私大対策の仕方 [文系編] | 東進ハイスクール浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 9月 9日 ✔私大対策の仕方 [文系編]

 

こんにちは!

担任助手1年の佐藤優衣です。

 

今日は私が去年のこの時期から受験当日にかけてやっていた私大対策について書いていこうと思います。

まず私大の過去問は基本的に1日1年分解いていました。

16時半くらいに校舎に到着して、そこから5時間集中して閉館までひたすら解いて見直しするという感じです。

日本史は比較的短時間で終わるので問題用紙を印刷して学校に持って行って暇な時間や自習の時間に解いていました。

なので校舎では英語と国語をメインにやっていました。

得点率にもよるのですがと私は解きなおしにかける時間はそれぞれ1時間くらいにしていました。

このスケジュールでやると毎日できるだけ多くの過去問を解けるというメリットはあるのですが、もう少し深くまで復習すればよかったなと後々思う場面もあったのでちょうどよいバランスを考えながらやるのが大切だと思います!

 

教科ごとの対策としては、

英語▶▶▶過去問演習講座でとっている学部の問題の時は解説映像を見る(間違えたところだけ)。

     単語帳に載っていない単語で大切そうだと思ったものはノートに書く。

     長文は答えと照らし合わせながらもう1度読む。

国語▶▶▶過去問演習講座でとっている学部の問題の時は解説映像を見る(間違えたところだけ)。

     現代文は間違えた選択肢問題に戻ってほかの選択肢を検討。

     古文漢文は現代語訳と照らし合わせながらもう1度読む。

日本史▶▶▶知らなかった知識を調べてノートに書く。

      用語集と図説を引きまくる。

 

あとは過去問のほかに単元ジャンル別演習はできるだけ空いた時間に毎日やるようにしていました。

問題は無限に用意されているのでどんどん進めちゃいましょう!!